11月度活動報告 おの

投稿遅れました。 もう新年を迎える季節になってしまいました。
すみません。
11月の活動に参加させてもらった感想を書きます。
まず、今回参加させてもらったいきさつから。
しげさんと久しぶりに会って、今震災ボランティアに参加しているとのことを聞きました。
まだまだボランティアの手が必要で、復興も一向に進んでいないとのこと。重機や人手が足りず、瓦礫がまだまだ残っていることなどを聞きました。
その時私の胸に去来したのはあの時の恐怖の記憶、もう死ぬかもしれないと思った経験したことのない大震災、そしてテレビで見た想像を絶する大津波によってなすすべもなく飲まれていく人と街。
私はその時何もできず、ただ自分のことで精いっぱいで、被災地の方々のことに思いを寄せるのはそのだいぶ後のことでした。その時はいくらかを他のボランティアに寄付することで、力になりたいとは思いつつも、ほとんど何もせずに今まで過ごしてきました。
今から思えばその時が一番被災地の方々が助けを必要としていた時だったし、自分に言い訳をして何もせずにいた事が悔まれます。自分が行くことでその時どれだけの人の役にたったことか今となっては知りようもありません。
そんな時このボランティアの話を聞いたのです。今もまだ復興は進んでいないこと。風化によって、日本の人々から震災の記憶が消えつつあり、そのせいでボランティアの人数も減り続けていることを知りました。
だから今こそ役に立つべき時が来たのだと思い、参加を希望させてもらいました。
次に今回の活動についてですが、亘理郡山本町のイチゴ農園さんの手伝いをさせていただきました。
私は現在農業の仕事に携わっていることもあり、この分野では手伝いできることも多いと思いましたので、これはうってつけだと感じました。ただ、1日という短い時間のなかでは手伝と言うよりは足手まといになってしまうのではないかと不安もありました。実際には手伝いはビニールハウスの中で掃除をしたり、水やりのチューブの微調整などの仕事で農家の方に面倒をかけるようなことはなかったのですが、あまり実感としては手伝えたかどうかは疑問に感じます。
ですが、実際に被災地に赴いてみて見方が変わったこともだいぶあります。それは現地での産業へのダメージはかなり大きいということです。宮城県南部では農業が主要産業なのですが、津波による塩害で今も作付ができていないところが相当ありました。象徴的だったのは津波の防波堤として機能した高速道路の高架によって、作付出来ているところとそうでないところがくっきりと分かれていたことです。宮城県南部の海岸線に沿って走るこの高速道路はまさに震災時のみならず、その後の生活基盤に及ぶまでの命の分かれ目、分岐点のようになっていました。
また仮設住宅でのお話も伺い、原発事故による風評被害によって農作物の価格が暴落していることや、イノシシなどが猟ができないことで数を増やし、農作物を荒らす被害も増えてきているとのことでした。農業での産業復興を目指すのは大変な道のりのようです。
ですが、今後の見通しは必ずしも暗いものではないように思います。それは私の感じたことですが、この地域であるイチゴのハウスの規模や栽培手法をみたからです。私の従事している農家周辺ではもっともっと小規模なハウスで、効率も必ずしもいいとは言えないように見えるやり方でイチゴをつくっていますが、収量はともかく生計は成り立っております。そこよりも1ハウスあたりの面積も何倍もおおきく、且つ施設が半自動化されて徹底した省労力化が図られておりました。初期投資が大きい点や、1農家だけの経営ではないとしても、こうしたシステマティックな最先端農業を行っていけば、やがて生産量を伸ばし、経営も軌道に乗るような気がします。加えて、この一帯のイチゴは仙台イチゴというブランドも持っていると聞きました。東北地方から北海道にかけてはかなり知名度があるそうです。こうした強みをうまくいかしていけば復興は早く進むのかもしれませんが、いずれにしろあと3年以上はかかりそうです。この時点でもイチゴの出荷の最盛期であるクリスマスケーキ用の出荷はできないという話でしたので。
ともかく私はこれからも復興しつつあるこうした姿を見続けて、頑張る彼らを応援したいと思います。被災地は産業面で縮小するのではなく発展していくことが可能であると私は思います。それを伝えていきたいです。たとえそれが非常にわずかな活動であったとしても、だれかがそれで希望をもってくれればこのボランティアに参加する意味はあるのではないでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。