2014 GW 5/4 宮城県 山元町 いちご農園活動報告&いちご狩り ~T4代表~

遅くなりました T4代表 ありさです!

遅くなりすぎて、メンバーみんなからもクレームが出そうなので???

さすがに、活動報告などを始めさせていただきます(^_^;)

2014年GW TEAM 4 U の復興支援ボランティア活動&お楽しみ会☆は・・・。


20140128_235157_20140517231807576.jpg


20140128_235625_201405172318093f3.jpg


20140128_235656_20140517231810a7d.jpg

宮城県 亘理郡 山元町 にある

津波被害に屈しない 半澤いちご農園さん (ブログはココをクリック!)

でスタートしました。

半澤いちご農園さんのコンセプトは、苺の花言葉に由来して


幸福な家庭


苺という漢字は「草冠に母」と書くよのね♪と、けい子お母さんのお友達さんからの素敵なひとことから生まれました♪

そんな半澤いちご農園さんらしいなーと感じるのは、いちご畑にも、よぉく現れています!


半澤いちご農園コンセプト


アットホームな「半澤いちご農園さん」らしい「ボランティア活動」を・・・

それが、T4の毎回&4年間ずっとの目標です!!!

とゆーわけで。


まずは、活動の写真満載でいってみましょうか♪


2014 農園空撮


いちごちゃんを育てていくと、こんな感じになっていきます。


実になろうとしている花


みつばち注意


いちごの実は、みつばちさんたちが受粉して(いちご狩りやボランティア活動時には、みつばちさんにご注意ください)。


20140505_222255.jpg


2014 いちご1


DSCF1419_201405180008088bf.jpg


こんな風にいちごの実になり、出荷されたり、いちご狩りを楽しんでいただいたり出来るようになるんですね。

美味しいいちごの実をたくさんつけるには、不要な葉っぱを取り除き、栄養をたくさんいちごに届かせなければなりません。

たくさんのいちごを育てる作業工程の中に、ランナーという工程がありまーす!

(代表が、多忙のため???女の子たちメンバーを置いてけぼりにして車をブイーンと発進させてしまった暁には、こんなことになりました↓ 

徳広さん&女の子メンバーたちにお詫びの気持ちでいっぱいですが<(_ _)>

なんだか楽しそうで羨ましくもあるのでした・・・そんな風に感じるのは、T4代表だけですかね!?)


軽トラ


あ、ランナーですね、ランナー!!!


いちご農園2014GWランナー2


いちご農園2014GWランナー1


いちご農園2014GWランナー3


いちご農園2014GWランナー4


ハウスの中なので、雨などのお天気に左右されることなく、農業体験などがなくても、人見知りさんでも、ボランティアできます☆

花粉が舞うことがあるようなので、花粉症などのアレルギーを持っているメンバーさんは、マスクしてます♪

こうして、少しでもたくさんの栄養が、いちごの実に届きますように・・・と祈りをこめて。

たくさんのいちごちゃんが、半澤いちご農園さんで、いちご狩りに遊びにいらしてくださるみなさまをお待ちしているんです!


2014 いちご4


2014 いちご3


2014 いちご2


2014 いちご7


2014 いちご5


2014 いちご6


今、半澤いちご農園さんの「いちご農園」は、徒歩5分程度の間に2ヶ所あります。

いちご狩りを、みなさんに楽しんでいただくハウス前の駐車スペースを、より、わかりやすくしたいよね♪と事前打ち合わせをさせていただきまして。

お客さまの安全第一!!!で。


トラ


トラ現る(*^_^*)


いちご農園トラテープ


ドライバーのみなさま、トラテープが見えましたら、どうかお気を付けください<(_ _)>


いちご農園トラロープ


いちご農園トラロープ2


いちご農園トラロープ3


写真ではわかりづらくなってしまっていますが。

トラロープで、まずは4台止められるようにしてあります。

「コ」の字型に、トラロープが張ってありますので、そちらにお車を停めていただければ幸に存じます。

駐車スペース中央は「コ」の字型にはせず、奥側に停まる業務用車両出入りや、お客さまが帰路につく時の迂回用スペースにさせていただきました。

トラちゃんたちの劣化等については、夏の活動時に再度検討しますね!

トラロープを地面に埋め込んでいく時のコツを、わたし、初めて知りました!!!

U字ピンに、ロープを編み込んでいくと、ロープがU字ピンから抜けにくくなるのだそうです。

ただ、みんな「トラロープも編み込み???」状態で、急ぎ、これで大丈夫かな?と(^_^;)

コツを知っていたメンバーのなおが、夏までに、職場の方から、もっと教わってくるとのことでした。

しかし、まぁ。。。

地面を手動掘削機で掘るとか。

1.1kgのハンマーを肘から手でU字ピンを真っ直ぐに打ち込むとか。

女性のはずのわたしだと、なかなかに苦労する作業で、やはり、本業の仕事柄、こうしたことに慣れているメンズパワーが必須だなと考えさせられました。

わたしは、最後。

もう、ひとおもいに。


1.1kgハンマーを両手で持って振りかぶって、U字ピンに打ちつけようと試みましたよ(笑)。


おー!!!

軸足を踏ん張って、全身の体重移動を利用すれば、1.1kgハンマーも、わたしでも使えるじゃないか☆☆☆

やれば出来る子だ!!!


スッキリしたのも束の間。

徳広さんは。

なぜか、その場から数歩後ずさりし。。。


「ね、U字ピン、ちょっと、抑えててね!!!」

と、わたしから強制発令されたなおさんは。


「マジでやる気か、よりによってこんなことに気付かなくてよかったのに↓↓↓」


と、自分の手にハンマーが打ち付けられることを覚悟した空気感満載&顔色が真っ青になり目をギュッとつぶりました。


おや??? はて??? ちぇっ・・・


1.1kgハンマーを振りかぶった「日本一絶景だった」わたしの写真は、どこを探しても見当たらなかったのでありました(;一_一)


写真は全く撮影出来なかったのですが。

この日は、本当にお天気が良く、ショートGWの中日ということもあって。

山元町には、とてもたくさんの「いちご狩りを、家族や、お友達さん同士、ご夫婦・カップルさん同士で楽しもう♪」というお客さまで大賑わいでした!

いいですねぇ~~~、さすが「山元町といえば、いちご」です(*^^)v

午前中からお昼位までの間は。


山元いちご農園さん (HPはココをクリック!)


にお客さまがたくさん遊びにいらしていました!

半澤いちご農園さんにたどり着いてから「山元いちご農園さんに行きたい」とおっしゃられるお客さまが多かったです☆

徳広さんから、道順をお聞きして、お客さまにご案内していたのですが。

トラちゃん作業に必要なアイテムを購入しにコメリに行きつつ、山元いちご農園さんの道順を体感しようと、車でブイーンと行ってみました。


素敵なまでにズラーーーッ!!!と、お車がいっぱい☆☆☆


もうちょっと落ち着いていらっしゃる様子だったら、ご挨拶にお顔出しさせていただこうとも思っていたのですが。

あまりにお忙しそうだったのと、ビックリしたのとで、ご挨拶は今回はご辞退させていただきました。

次回、ご挨拶にお顔出しさせていただけたらな♪と思っています<(_ _)>


で。

「これは、お昼すぎたら、山元いちご農園さんのいちご狩りがおしまいになってしまうかもしれないね」

と予想していた通りとなりまして。

お昼位から、半澤いちご農園さんに、いちご狩りのお客様が、本当にたくさん、半澤いちご農園にいらしてくださるようになりました。


ウェルカム トゥー 山元町・穴場いちご狩りスポット 半澤いちご農園♪


なおの職場の所長さんが、山元町の隣町ご出身ということで、「山元町といえば いちご!!!」をご存じだったんですね。

所長さんが快く。


「交通誘導棒」(赤い棒)2本


を貸してくださいました、ありがとうございました。


仕事柄、交通&駐車誘導の業務が入ることもある、なお&きくりんと。

デビューとなった、えーちゃんというメンズ組が、お客さまの「駐車誘導」をさせていただきましたが。

まさかのたくさんのお客さまご来園に、てんやわんやとなりまして。

いちご狩りが開催されるハウスにある第一駐車場と。

去年の秋に新しく開設となったハウス隣にある第二駐車場の間に、もう一人いないと、とても非効率的。

わたしが中間地に立ち、お客様に駐車場他のご案内をさせていただいたのですが。


チョッパー帽子


まさか、この、チョッパー帽子&日焼け止めが役に立つほど、いらしていただけるとは(^_^;)


交通誘導棒が3本あれば良かったのかもしれないのですが、まさかだったので2本しか用意しておらず、お車でいらしていただいたみなさまには。


「おい!!! なんだあの物体は!?!?!? 何か振ってるぞ!!!」


と驚かせてしまったかもしれません、申し訳ありませんでした。


ちょっとしたイベントの立会人のようになっていた誘導組に。


「ありがとう! いちご美味しかったです!!!」


などなど、お声かけくださいましたみなさま、こちらこそ、ありがとうございましたの気持ちです。


そして、お喋り大好きなワタクシと、いろんなお話をしてくださったお客さまのみなさま。

楽しいひとときと、出会いに感謝しています。

キッズちゃんたちのキラキラ笑顔や「お腹いっぱい☆」に癒され。

「〇〇のいちごの味が、今年は落ちてるのよ~。 どうしちゃったのかしらねぇ」

他、さすが 「味のわかる地場の方」 のみなさまと、お話などもさせいただけました。


去年度までは、山元町にある仮設住宅支援ボランティアを並行していたので、半澤いちご農園さんに遊びにいらしてくださるみなさま(地場の方々&近くの市町から遊びに来てくださった方々)とお話等させていただく機会に恵まれなかったのですが。

今回、奇しくもこうした機会に恵まれ、T4のボランティア活動にひときわ素敵なエッセンスをくださいましたことに感謝しています。


「この辺りで ”美味しい和食のお店” はどこだね?」


と、ご質問いただきましたお父さんには。


「ICを降りてすぐの所に、和食らしきお店さんがオープンされたんだなぁということは確認しているのですが・・・」と、そこまでしか知りえないわたしに。

わたしのボランティア名札に書いてあった「(埼玉県)」に目を向けてくださいまして。


「あー、それじゃ、わからんよな♪」


とご配慮してくださいましたことにも、本当に感謝しています。


山元町での ”美味しい和食のお店” は、まだあまり数多くなく。

GW中は、各、食のお店さんは予約でいっぱいかもしれないとのことでした。

今、復興工事中真っ最中の山元町なので。

これから、少しずつ、いろんなお店さんも増えてきて「食も楽しめるようになる」のでしょうね!


それでは、2014年GW TEAM 4 U の 半澤いちご農園さんでのボランティア活動後の、いちご狩り風景を(笑)。


いちご狩り注意項目


いちご狩り2014GW


去年同様、相変わらず 「ウォーリーを探せ ならぬ 最高の美味いちごを探せ!」 で。


お行儀 < いちごハンター姿勢!!!


となっていますが(笑)、みなさん、こんなことしなくて大丈夫ですからねーーー☆

これ↓が、正統派いちご狩りスタイル!!!


いちご農園2014GWいちご狩り2


いちご農園2014GWいちご狩り1


いちご農園2014GWいちご狩り3


最後のきくりん写真が、どうにもこうにもインパクト強すぎですが(^_^;)


「こんな美味しいいちご、生まれて初めてだよ!!!」


正統派スタイルです(笑)。


半澤いちご農園さんとの今までの細く長くのお付き合いの中で。

わたし&なおの結婚式の際は、こんなアレンジもさせていただくことが出来ました☆


1499635_590179671065017_1634673149_n_20140517231631930.jpg


1601127_590179621065022_1305589834_n_201405172316320fd.jpg


20140120_040606_2014051723163579d.jpg


1536610_590179721065012_747290988_n_201405172316333b8.jpg


「何をもって復興と言うのだろう」


この宿題を、わたしたちT4は、今もまだ応えを出せていないままです。


今、自分に何が出来ますか!?!?!?


震災から3年目という節目のメディアの報道を観て、日本全国の方から、わたしやT4にメッセージ等をいただきました。

実は、うまく応えることが出来ていないなと、今も痛感しているところではありますが。

自分たちなりに、精一杯考え、お応えしていっているところです。


「あの日から時間は止まったままです」


この言葉が、あの日の映像と共にフレーズとしてリフレインされていた・・・というのが、わたしが観た、震災から3年目のメディアです。

確かに、それは間違ってはいません。


あの日のことを忘れてはいけないのは、全国で「被災していないわたしたち」だという気持ちも変わりありません。


被災された方々の中には


「今後を、より自分らしく生きるために」


3年目という節目で、あの日からのことを、そっと心の奥の引き出しにしまい、鍵をかけた方々もいらっしゃいます。


わたしたちT4は、そうした方々の心の鍵を無理矢理こじ開けて、さぁ、あの日のことを話してください!なんて求めることは絶対にするつもりはないので、どんな活動の時も、そこを一番大切にしています。


ただ、多からず、3年が経って、ようやくあの日のことなどを話せることが出来るようになった方々もいます。

そういったみなさまは、ボランティアのことを「信頼できる」とご自身で思ったら、自然にボランティアにお話をされます。


誰彼かまわず、無理矢理「お話をしてください!そしてスッキリしてください!」なんて、本当にスッキリするのかなんてわからず、スッキリしなかった時の責任も取れないボランティアが、軽々しく働きかけるなんてことは絶対に出来ませんが。


自然な会話の流れで、そうしたお話をされるみなさまの、徒然なるお言葉・お気持ちを「ただひたすらにお聞きする」「一緒に泣く」ことは可能です。


しかしながら。


「あの日のまま」


という「事象」は、まずもって皆無なのだということを、今回改めて感じました。

良くも悪くもです。


白髪が1本増えたかもしれない。

少し身長が伸びたかもしれない。

家族が減ってしまったかもしれない。

家族が増えたかもしれない。

誰かが病気になったかもしれない。

誰かが病気から治ったかもしれない。

仕事が変わったかもしれない。

定年を無事に迎えたかもしれない。

友達や仲間との付き合い方が変わったかもしれない。

お漬物がいい具合に漬かってきたかもしれない。

イライラすることが増えたかもしれない。

笑うことが増えたかもしれない。


こうしたことは、わたしたちボランティアやメディアが決めることではないなって、強く感じました。


わたしたち「ボランティアが来る」ことは、復興途中の地区に住まわれている方々にとっては。


「長い生活の延長線上の1通過点」


に過ぎないんですよね。

わたしたち「ボランティア」が、その地区に移住しない限りは。

その「長い生活の延長線上の1通過点」で、「今、みなさんが求められていること」は。


あの日のことを蒸し返されることではなくって。


結果が白黒ハッキリ目に見えることを、今すぐ今すぐ追求することでもなくって。


「その時の気持ちなどに流されてくれること、その時に今直面している課題に向き合ってくれること」


語り合ったり、作業をしたりを通して・・・なのではないかなと強く感じました。


「ボランティアされる側・ボランティアする側」


って、もうそろそろ卒業して発展したお付き合いに移行していくのもいいのが、今なのではないかと。


ただ、卒業させていただけるかは、わたしたち「ボランティア」を受け入れてくれるみなさまが決めることなんですね。


要するに、今までの&これからの「自分たち次第」なんですね。


自分たちボランティアが、どれだけ、誠実に真摯に粘り強く細く長く


「各地区のみなさんが主人公」


という気持ちをぶらすことなくやってきたのか&これからもやっていくのか。


どれだけ「自分たちに厳しく・人に優しく」を継続してきたのか&今後も継続していくのか。


大切なことはここだけではないのかな?と感じています。


そして、それは、メディアも同じなのではないかなと思うのです。

わたしが、昔、メディアで勤務していたからこそ。

報道規制などが存在しても。


「真実を 淡々と 盛ることなく伝えてほしい 地味であってもそれが真実なのであればそれでいいのではないか?」


という言葉を綴らせていただきたく。


話が横道に寄り道してしまいましたね、強引に軌道修正しましょう(^_^;)!


20140508_162650.jpg


20140508_162807.jpg


代表&なお夫婦は。

メンバーから「結婚のお祝いに☆」と、ヒヨコめおとを贈っていただき♪

半澤いちご農園さんお手製 「いちごストラップ(いちごポプリ付)」 を、けい子お母さんから贈っていただき☆


半澤いちご農園さんのいちごで 「手づくりいちごジャム」 を作りたい!!!


という念願が叶いましたーーー(^_^)v


クッキー


自分の勤務先に「いちご宅配」をお願いしていたメンバーかずみちゃんは。

届いたいちごが、やっぱり素晴らしい!!!と感動して。

↑かずみちゃん得意の 「手づくりクッキー」 を半澤いちご農園さんにお礼として贈ったようです♪

ドバッ ガシャッ 細かいことは気にしない 出来た☆ の代表には、とても真似出来やしない、かわいい手づくりなお礼ですね!


「母の日」を、うっかりすっかり忘れていた代表夫婦は、半澤いちご農園さんに、両家の母に、半澤いちご農園さんで焦っていちごを購入&宅配をさせていただいたのですが。

両家母から。


「すごいいちごね!!!

甘くて みずみずしくて 大きくて 色が綺麗で・・・

感動したわ!!!

産地直送もいろいろあるけれど、こんなに立派ないちごも産地直送も、生まれて初めて!

他のいちごを食べられなくなっちゃうね♪」


と電話をもらいました☆彡

・・・両家母とも、60代半ばを越えているので「写メる」ことは出来ないようで(笑)、写真がなくてスミマセン・・・



そんな、半澤いちご農園さんでの いちご狩り2014 もいよいよ終盤です。

宮城県でいちご狩り?来年行ってみようかしら???のみなさまにとっても、何かの参考になれば幸いです。


<半澤いちご農園さんへのアクセス 山元ICから>


① 山元IC を降りるとすぐに、サンクスが見えるので、サンクス前の信号を左折します。


② 約500m弱 直進 すると 左手上方向 に 「村さ来」の看板 が見えます。


③ 「村さ来」の看板があるところを左折してください。


④ そのまま、道なりに1.5km程直進します。


⑤ 50km標識3つ目を過ぎた左折農道に入ります。


いちご農園アクセス1


いちご農園アクセス2


いちご農園アクセス3


左折する農道の始まり↓


いちご農園アクセス4


↓左手前に、このようなハウスが見えてきます = いちご狩りを行うハウス&第一駐車場


いちの農園ハウス外観


いちご狩りを行うハウス&第一駐車場からの風景↓


2014 農園風景


第一駐車場が満車の時は、いちご狩りを行うハウス&第一駐車場で、小さなお子さんや高齢なお客さまに降りていただきまして。

第一駐車場の手前にある、山元ICから来ると「右手」・第一駐車場から来ると「左手」にある、第二駐車場に、お車をお停めいただき、ドライバーの方には徒歩5分程歩いて、いちご狩りのハウスにいらしていただけますと嬉しいです。

第二駐車場隣接のハウスは、三角屋根です↓(いきなり夕方の写真で申し訳ありません)


20140128_234816.jpg


<半澤いちご農園さん ⇒ 山元いちご農園さんへのアクセス>


① 半澤いちご農園さんをUターンしていただきます


② 6号に向かって、200m位直進してください


③ そうすると 「舗装された十字路」 があるので、その十字路を 左折 します


④ 直進し、すごく小さな橋を渡ると 左手 に大きなハウス&旗が見えてきます


今夏以降、たくさんの山元町のいちご農家さんにもお顔出し出来ればいいな&来年のGW頃には、山元町のたくさんのいちご農園さんで いちご狩り を楽しませていただければいいな!と・・・


「花より団子」も、そこまで行くか!?!?!?と、止め処ない野望を描く T4 です!


最後に。

T4活動参加のみなさん&お留守番組のみなさん、お疲れさまでした☆


54みんな仙台
関連記事
スポンサーサイト

コメント


GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。