2013年夏☆震災支援ボランティアさん募集☆


暑いですねー、熱いですねー、アツイですねー♪

代表ありさの久々ブログ更新です。

とゆーよりむしろ、放置しっぱなしすぎですよね、スミマセン。。。

5月下旬から仕事が無謀に多忙になってしまいまして。

で、体調がガタガタしていまして。

はい、言い訳です!!!

GW活動のまとめブログを書くという目標が達成できないでいますが、ちょっとですね、あまりに仕事漬けで過労を通り越しているとお医者さんの各科から続けざまに指摘されてしまっているので。

この3連休は。

なんと!!!


今から、お医者さん各科へ診察&薬をもらいに行く。

そして、趣味である・・・





に出てまいりまーす☆


残業だらけ&家でも出来る仕事をし過ぎたので、少し???リラックスするために、やっぱり。


温泉


でしょ!!!


とゆーわけで、山へGO☆


…台風が来ているらしいことを、今日の残業中に職場で知りました…


職場では、ガリガリくん競争が流行っていますが(笑)、みなさん、酷暑をどう過ごされていますか???


さて。

めっきりよくわからない前置きが長くなりましたが。

もう、そんな季節になっちゃったんですねー!


震災支援個人ボランティア「TEAM 4 U」にて、下記概要でボランティアさんの募集です。


食の宝庫県・宮城県を満喫する夏!!!

コバルトエメラルドブルーの海風や山脈を堪能するなつ!!!

震災支援ボランティアに楽しく真剣にトライしちゃうNATSU!!!


♪あー夏休み♪


震災支援ボランティア日本代表!?

参加してやるぜ!なみなさま&まずは質問や相談をしてみたいみなさま♪

2013年・夏「も」

T4にとっては「震災支援ボランティア日本代表」として、おそらく日本初となるのではないかと&今まで聞いたことないよねなボランティア活動に邁進しますよー☆

さぁ、やってみよーーー♪


T4 お問合せフォーム


をクリック!

「ボランティアに関して」欄をご利用いただき、送信ボタンをクリックしてください(*^_^*)


1日からのご参加や日帰り参加(ただし8/10の活動のみ日帰りが可能です)、お友達同士・ご夫婦同士・彼氏さん&彼女さん同士も大歓迎です!

(小学生以上のキッズさんと一緒の親子ボランティアさんも大歓迎ですが、お子さんの年齢・身長やアレルギー他の持病がないかどうかだけは確認させてください)


※キッズから大人の方々まで、みなさん、ボランティア保険に加入していただくことになりますが、TEAM 4 U一括申請加入が可能ですので、平日に地元社会福祉協議会さんに行っていただかなくても大丈夫ですし、ご自身の地元社会福祉協議会さんで加入を済ませていただいても大丈夫です(天災A ¥420 以上…数十円値上げがあったような記憶がなきにしもあらずで、以上にさせていただきました…にご加入お願いします)


① Web系開発技術者さん(HTML CSS)…都内や自宅で出来る無償ボランティアが山積しています…大歓迎です! (ボランティア保険加入は必要ありません)


② 津波被害甚大地区のいちご農園でのいちご栽培ボランティアさん(8月10日(土))


☆土を入れ替えたり、苗をポットに植えたり、葉の剪定をしたりといった、いちご栽培作業になります☆


参考までに、↓をクリックしていただくと、どんな様子かわかるかな?と思います。

(ステイ先での雰囲気や、③の雰囲気も少し見ていただけると思います)


http://youtu.be/z6m8juXd1GQ


TEAM 4 U HP YouTube


☆20歳以上~
(未成年の方は保護者の方の同意が必要になります・親子ボランティアさんはご一報ください)

☆性別や農業体験の有無・年齢は問いません
(キッズのみんなは、保護者の方より身長他をお聞かせください)

☆仙台駅から、JR&代行バスの往復で、いちご農園まで移動します


定員:メンズ2名以上・女性2名以上


※真夏の活動になりますので、心身ともにすこやかなみなさま。

(キッズボランティアさんたちは特に注意が必要なので、T4で無理が来ないよう保護者のみなさんとメール他で打ち合わせしましょう)


※資格や農業体験は必要なく、いつか被災地で何かお手伝いが出来ればと思っていたみなさま、よろしくお願いします!


※栽培お手伝いをしたいちごちゃんは、晩秋以降には実が実り、市場に出ます!



③ 津波被害甚大地区の福祉仮設住宅コミュニティスペース他での、足湯を通したリラックスづくりボランティア(8月11日(日))


☆荷積み・荷下ろし&運び・足湯準備他としてお湯づくり・お茶出し準備・足湯・お茶出し・お話の聞き役・必要な方々への介助・片付け他☆


20歳以上~40代の方位まで
(キッズのみんなはご相談ください。未成年の方は保護者の方の同意が必要になります)

性別や経験は問いません

日常的に車の運転が可能な方、お待ちしています!
(運転のみのボランティアさんは、現時点でT4では受付ていません)


定員:男性2名・女性1名の計3名
内、看護系・福祉系・理学療法士系資格者または勉強中の方1名以上



※渋滞が発生したり、屋内活動にはなりますが給湯室とコミュニティスペース他間の移動多数(意外と重い物を何回も運び往復します)が発生しますので、心身ともにすこやかなみなさま


※下記の通り、出発時間が非常に速く遅らせることが困難なため、8月10日に仙台に前乗りしていただくことが可能な方


※地元の方々に教わりながら、雰囲気良く・フットワーク軽く笑顔で何でもトライしてくださる方々


※看護系・福祉系・理学療法士系資格をお持ちの方(現役でなくても大丈夫ですし、勉強中のみなさんでも大丈夫です)、ぜひよろしくお願いいたします


・看護系・福祉系・理学療法士系資格者さん・勉強中の方の役割→

処置に追われる活動メインではありませんが、足湯前に最近の血圧はどうか?夏風邪は引いていないか?アレルギー他はないかなどのヒアリングをしながらお話をお聞きしつつ、移動に介助が必要になるみなさんのADLの自立やリハビリといった観点も踏まえながら介助をしたり、介助者さんのお話の聞き役となってリラックスしていただくようになります。

福祉仮設住宅に入居されている方々は、24時間常時介助・介護が必要なみなさんになります。

仮設住宅のお風呂の浴槽高さ・洗い場の狭さ・手すり位置他が課題となり、充分にお風呂を楽しむことが出来ていません。

カルテは特に見させていただかないので、疾患により、湯温感知が低く低温火傷につながるとか、言葉でのコミュニケーションが取りづらい他も想定されます。

お身内の方や足湯を楽しみにされているみなさんと「やさしい日本語」でお話をしたり表情やボディーランゲージ等でのコミュニティをはかりながら、さりげなく各種の配慮をしてみてください。

足湯の間は、どんなお話をされても大丈夫です。

介助者であるお身内の方とヒソヒソ話(笑)をしてみても大丈夫ですし、世間話や笑い話をしても大丈夫です。

資格者ではありますが、まずは、ひとりの人対人としてということを大切にしてください♪

スタッフさんたちのアフターケアが大変なものにならないよう、少し、資格者としての個をなくすというか、スタッフさんの気持ちを汲んだやり方で対応していただくことになるので、うわぁ、そのやり方、苦手なんだよなぁとかあるかもしれないですが、ポジティブに、1つ違うやり方を身に着けたぞ!と思い直してしまいましょう!

この地区自体は「非常に自由な雰囲気」で「自立心が非常に高い」です。

手取り足取り、先読みしていろいろ手を貸すというよりは、様子を先に見守り、これは〇〇だけが必要だなと感じた介助だけで大丈夫です。

逆に、ゆっくりでいいよー♪の大らかな気持ちで☆

病院他により、足湯を緩和ケアとして取り入れているように、福祉仮設住宅にお住まいのみなさん、足湯を本当に楽しみにされており待っています!


・特に資格はないけれどボランティアをやってみたいみなさんの役割→

福祉仮設住宅のみなさんが抱えているハンディキャップにより、介助をどうしたらいいのかが全くわからない・怖いとかがあると思います。

それで全然大丈夫です!

もし、ご親戚やお友達・職場の方で、介護や介助に奮闘しているという話を聞いたことがあれば、「うちの〇〇もこんな感じで大変だったんですよー」など、お身内の方々と小さなことでもいいのでお話をしていただけるのでも大丈夫です。

〇〇県から来ましたー♪だけでも、親戚や友達が住んでいたとか、旅行に行ったことがあるとか、そういった話に広がったりすることもあります。

もし、認知症気味の方がいらして、演歌が大好きな方だったら、一緒に演歌を歌うのでも大丈夫です!

「みなさんのアイドルがやってきましたよー」とかでも大丈夫です(笑)。

悩みがあったら打ち明けて、相談に乗ってもらうのでもいいんです!

みなさんが抱えているハンディキャップにより、こちらが一生懸命話しかけても笑ってもらえないとか、言葉での会話が出来ないとかがあると思います。

それでも、病気のために笑う表情を出すことが出来なかったり、言葉での会話が出来ない等なだけであって、ボランティアのみんなが来て、足湯をしてリラックスしたり、ボランティアが自分に話をしてくれたことは、みなさん必ず嬉しいし、みなさんの明日への活力につながります。

手をつなぐだけでもいいんです♪

震災の時の辛かったことや苦労話をしながら涙される方々がいたら、一緒に泣いてもいいんです。

わたしたちボランティアが、そばにいますよ♪という気持ちを持っていること!

今回は、本当に、すごくすごく大切になります。

勝手がわからず不安な時や困った時は、どんなに忙しそうにしていても、先輩ボランティアさんたちに、すぐに相談してくださいね☆

お湯がなければ足湯もお茶も始まりません。

人見知りがあるから不安…大丈夫です!

お湯を作ったり、お茶を用意したり、すごく小さなことかもしれないですけど、とっても大切なボランティアがたくさんあります!

片付けをしなければ、働いているスタッフさんが困って「ボランティアさんが来るのはもう嫌だ」となりかねません。

すごく小さなことのように思えるかもしれませんが、働いているスタッフさんたちは、震災直後から休みも取らず、家庭のことより仕事を優先して、がんばって頑張ってガンバッテ来た方々ばかりです。

片付けをも一生懸命やるボランティアの姿勢があれば、スタッフさんの張りつめていた気持ちにも、良い風が吹くことでしょう。

資格がないからとかは気にせずで、一歩踏み出してみてくださいね♪

T4は個性尊重なのでまとまりがないこと多々ですが(笑)、心身ともにすこやかな方であれば、自分らしさを生かして活動していただけます!


【被災地社会福祉協議会さん他との連携・各地域のみなさまのお気持ちを最優先しているので、地域他詳細はオフィシャルで情報をリリースせず、メッセージをいただいてからお伝えすることになります】


<タイムスケジュールモデル>


【8月10日】

朝9:00までに、全員仙台駅到着・翌日の活動参加をされる方々の大きな荷物預かり
(この時点ではレンタカー1台:ご縁のある介助が必要な方々他を代表&看護師が個人的に訪問するため)


※深夜バスで仙台に向かう方、渋滞の可能性があります。
関東圏から2~3時間程度余裕をもって、身体を大切にしてきてください。


※早朝新幹線で仙台に向かう方、指定席便が多く、自由席のある便も120%越えの満席も予測されるため、早めに指定席予約をして体力を温存する他のご注意をお願いいたします。


※昼食・スポーツドリンク・水は、暑さで傷まないものを仙台駅コンビニで各自購入しておいてください。


※酷暑が予想されるので、活動中はこまめに休憩を取りましょう。


※栽培ボランティアのやり方は、農園のファミリーのみなさんが楽しく教えてくださいます☆


9:25:JRにて仙台駅を出発

9:55:最寄駅到着

10:00:代行バスに乗り換え

10:30:いちご農園到着・活動開始
(仮設トイレになるので、水で流せるティッシュをお持ちください)

12:00頃:昼食休憩

13:00頃:活動再開

16:15頃:活動終了

17:00頃:現地出発

19:00頃:ステイ先到着(シャワーを浴びる)または 仙台駅到着で帰路

19:30頃:夕飯会(ステイ先で、地場の素材を生かした手作り500円美味を楽しみながら)♪&ミーティング

21:30頃:各自の不要な荷物を車に搭載・フリータイム&23時までに就寝


(翌朝が早い出発&移動や活動に体力も必要になるので、各自、疲労度をみながら、就寝時間やアルコールのお楽しみは配慮しながらフリータイムを楽しんでください)


※夕飯会の夕飯代は、飲食費予算に入っていますが、アルコール代やおつまみ代は予算モデルに含まれていません。


※10日のみ参加の方は、帰路の新幹線や深夜バスの時間に合わせてご参加くださるので大丈夫です。


※11日のみ活動参加のみなさんは、10日に前乗り・夕飯会&ミーティング参加他でお願いします(仕事後の仙台入りで夕飯会&ミーティングに間に合わない方はお申し付けください)。


※11日のみ活動参加のみなさんで、往路・昼行便の高速バスで来る方は、関東圏からは2~3時間程度、中部以南からは5時間程度の余裕をみてください。


【8月11日(日)】

06:30:ステイ先出発(各自の最終荷物を車に搭載)

06:45:近くのコンビニで朝食・ドリンク他購入・休憩

07:00位:レンタカー2台で出発

09:00位:現地コンビニ到着・休憩・昼食他購入・現地仮設商店街他のご縁があるみなさんにご挨拶

10:30位:荷下ろし・活動準備

11:00位:活動開始

12:00位:昼食休憩

15:00位:活動終了予定・片付け・荷積み

16:00位:仙台に向けて現地出発(コンビニ寄りで休憩含)

19:30位:仙台駅レンタカー返却

20:00位:打ち上げ牛タン夕飯会♪
解散・新幹線や深夜バス・お土産購入など、ご自身のご都合や間に合わせてご参加ください


※11日の仙台駅からご自宅への復路は、渋滞の予測が非常に困難なこと・現地のみなさんが暖かく長居を薦められ、それに応えるボランティアが発生することもあるため、深夜バスあるいは首都圏には最終となる新幹線21:40発に乗っていただけると大変助かります。

何卒ご容赦お願いいたします。



<首都圏からの費用モデル>


1.往復交通費の予算組:

首都圏から往復深夜高速バス利用→14000円 で見積

首都圏から往路深夜バス・帰路新幹線利用→18000円 で見積

首都圏から往復新幹線利用→22000円 で見積


※体力や仕事、お小遣いに合わせて選んでいただいて大丈夫ですが、往路に高速バスを使う方は渋滞を踏まえていただき、新幹線を利用される方は帰省ラッシュ&全席指定便が多数の為早めに予約をするようにしてください


2.宿泊代 (↑ムービーに出てきたオシャレでくつろげるゲストハウスの男女別相部屋となります)

8月10日ステイ代→1人・2600円

いちご農園栽培ボランティアのみ参加で、日帰りの場合→0円


3.活動中の飲食代・おやつ代→2日間活動・3食分として5000円~8000円程度 で見積

(飲食費には個人差があると思いますが、ミーティング時の夕飯代や牛タン打ち上げ会の相場代、コンビニ他で各自が購入する朝食や昼食代、栄養ドリンクやコーヒー代、活動時緊急災害時&真夏のため賞味期限他が大丈夫なおやつ・飲料合計1人2リットル程度必須として、2011年からの経験でザックリと予算組しています。アルコール代やお土産代は予算に入れていません)


4.レンタカー代・ガソリン代・高速代(いちご栽培ボランティアのみ参加の方は不要)等の割り勘:5500円程度(集まる人数・参加日数により変動あり)で見積


合計費用モデル(首都圏から):


往復高速バスで1泊される方(2日間とも活動参加・11日のみ参加の方)→32000~36000円程度

往路高速バス・帰路新幹線で1泊される方(2日間とも活動参加・11日のみ参加の方)→34000~38000円程度

往復新幹線で1泊される方(2日間とも活動参加・11日のみ参加の方)→37000~40000円程度


往復高速バスで日帰りされる方(いちご栽培ボランティアのみ)→24000円程度

往路新幹線・帰路高速バスで日帰りされる方(いちご栽培ボランティアのみ)28000円程度

往復新幹線で日帰りされる方(いちご栽培ボランティアのみ)→32000円程度


※活動中の緊急災害時を想定して、お小遣いは多めに現金でご用意ください。

関連記事
スポンサーサイト

コメント


GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。