2014年GW活動報告 ~みわ~

5月4日、5日のボランティア活動報告をさせて頂きます。

遅くなって申し訳ありません。。。


私は今回初めてT4でのボランティア活動に参加しました。

ボランティア活動に興味はありましたが、なかなか実際の活動まで至らずにいました。

そこに、友人のかずみからの誘いもあり念願のボランティア活動に参加する事ができました。


初めて行く仙台の風景にのどかさを感じつつも、ここまでくるのに私たちの知らないどれだけの苦しみと悲しみがあったのだろうかと思うと胸が苦しくなりました。

移動中の車中、今走っているこの道路を挟んで左手までは津波被害地域、右手からは津波を免れた地域であるという事を教えてもらいました。

そこにはリアルに津波を思わせる風景はありませんでしたが、被災地へ来たんだと身が引きしまる思いでした。


4日の半澤いちご農園さんのお手伝いでは  いちごの葉の剪定作業  をさせてもらいました。

いちごにしっかりと栄養がいくように余計な葉をとる作業でした。

これがとても地道。

とにかく地道。。。

でも、この地道な努力の上に美味しいいちごがあるのだと思うと、農園の方には頭が下がる思いでした。

作業を行う中でだんだんといちごに愛着がわいてきて、疲れよりも楽しい嬉しいという感覚の方が上回っていました。


GW真っ只中で、いちご狩りに来る方々が多く、大忙しのこの日。

ありさ代表と男性陣は炎天下の中、車の誘導。


本当にお疲れ様でした。


作業後にはいちご狩りをさせてもらいました。(実は女子チームは作業前にも特別に少しだけいちご狩りをさせてもらっていたのですが…)

キレイでツヤツヤないちごにとても感動し、写メをパシャパシャ…食べるのがもったいない位でした。

でも食べないのはもっともったいないので…これでもかという程頂きました。

甘くて優しい味の半澤いちご農園さんのいちごの味は忘れないと思います!


5日は

 新地町仮設住宅での足湯&お茶っこボランティア 

でした。

その中で私は受付とお茶出し担当をさせて頂きました。

準備をするにも実際の対応も見様見真似でした。

利用者さんがどんどんいらして、初めは緊張ぎみな自分も、利用者さんの笑顔に心をほぐして頂き、ホッとしているのがわかりました。

利用者さん同士も楽しそうにお話をしたり、足湯をしながらT4メンバーと一緒に笑ったり、ほっこりする時間が流れていました。

この時改めて、


心の傷を癒すのは、やっぱり『人』なんだろうな…


と実感しました。


今回私は、特に被災地ボランティアという事もあり、終始ボランティアである事を忘れずに活動に取り組んだつもりです。

ボランティアとは、自ら進んで行います。

だから、


一歩間違えると自己満足


のみで終わってしまう事が一番怖い事なのではないでしょうか?


いつもボランティアの目的を忘れずに、


自分たちはボランティアをさせてもらっているんだという感謝の気持ち


が一番大切だと思います。

そうする事によって、不思議とボランティアを受け入れて下さっている側の方からも感謝されたり、満足してもらえるものだと思います。

自分が満足する為にボランティアにいくのではないという事は、忘れずに取り組んだつもりでした。

実際にそれができていたかどうかは被災地の方々が決めるものなのかも知れません。

その評価はさておき、今回の活動でたくさんの貴重な経験や体験をさせて頂きました。

そしてたくさんの出会いがあり、たくさんの笑顔があり、とにかく私は皆さまに感謝でいっぱいです。

半澤いちご農園の皆さま、新地町仮設住宅の皆さま、ゲストハウス欅の皆さま、そしてT4のメンバーの皆さま…


本当にありがとうございました。


皆さまのおかげで、今年のGWではすこーしだけ成長できた気がします(^O^)
スポンサーサイト

2014年GW 旅行&ボランティアコラボレーション報告 ~ かおり& Ana ~



<< かおり from 兵庫県 ライブ&復興支援ボランティアの旅 >>

初の東北・仙台☆

ライブとボランティアを楽しんできました(*^^*)

ライブでは、いろんな新しい出会いもあり、とにかく幸せな時間をありがとう♪

仙台も大好きになりました(*´ω`*)


翌日は、宮城県山元町にあるイチゴ農園さんのボランティアに行ってきました☆

おいしいイチゴも食べれて、葉の剪定作業も楽しくて、農園の人も良い人たちで、東北温かい所でした☆


いちご狩り かおり


葉の剪定 かおり


いちご狩り かおり2


半澤いちご農園 かおり



車からみる景色は何にもないのどかな所だったけれど、何もなさすぎて津波の凄さを感じました。


また、何かお手伝いできればと思います。


そして、昨日は、牛タン、今日はずんだ餅☆

名物堪能し、満足しながら帰りました~♪

おにぎり丸のゆるさがヤバい(*´ω`*)


牛タン かおり


ずんだ かおり


おにぎり丸 かおり


初めての東北で、いろいろな素敵な出会いもあり、とても楽しいGWになりました。

充実したGWでした☆

ありがとうございました。


<< Ana from 神奈川県 (ブラジル出身) 花巻市の仲間たちと再会&復興支援ボランティア旅 >>

Sendai - Volunteer Team 4 U

05-04 ‐ 半澤いちご農園 ボランティア

Thank you a lot.

The strawberries were delicious !

I think I ate about 20 !!!

この一日は本当に楽しかった!

半澤いちご農園さんの苺がうまい!!!

皆さん、ありがとうございました!!


いちご Ana


いちご Ana1


54みんな仙台


☆ 名ばかり代表 ありさより 補足 ☆

Anaは、震災の時・震災から1年間、岩手県花巻市に住んでいました。

旦那さんの 岡田サントスジオゴ 選手が、 ステラミーゴ岩手花巻 フットサル Fリーグ チームに所属していたんですね。

花巻市は内陸部だったので、沿岸部ほどの被害は免れましたが、それでも、ライフラインは仙台市内陸部などと同様になりました。

震災から1年で、岩手県内の経済復旧が整わずスポンサーさんからのバックアップが減ってしまった ステラミーゴ岩手花巻 は存続出来なくなりましたが。

ジオゴを始め、選手のみなさんも、練習やリーグ戦の合間を縫って、ボランティアをしたり。

元気を出そうと協力していました。

震災前は、Anaとジオゴの家に仲間が集まり、パーティーをしたりもしていました。

Anaファミリーは、岩手県を離れ神奈川県に移転しましたが、Anaの気持ちは常に被災地に寄り添っていました。

今回のGWは、キッズたちも一緒に、ファミリーで花巻市に帰り、仲間たちと暖かい再会を果たし、楽しんだそうです。


みんな、すごく仲良しだから、帰るのがとても寂しい


わたしたちT4の車の中で、Anaは、そう語っていました。


震災当初から、わたしたちボランティアは、ボランティアをしたら数日で被災していない自宅に帰ることが出来ました。

もしかしたら、半年間などの長期で被災地にいた方々もいたかもしれませんが。

自分の選択で、たとえば、身体を壊したりしたら、震災の被害とか無関係な我が家に誰もが帰ることが出来るのがボランティアです。

そこに、後ろめたさを感じてウジウジすることより先に、大切なことがたくさんあるので、それ自体は何も責められることではないのです。

しかしながら、やはり、こればかりは、ボランティアが介する領域ではないことがあるんですよね。


震災の時からずっと、一緒に頑張ってきた地場の仲間たちとの深い絆


わたしたちボランティアが代弁することも出来ませんし、たとえばAnaに語ってもらうとしたら、何日も語りつくすことがあるのではないでしょうか?


わたしたちに出来ることは、そうした「地場の仲間たちとの深い絆」を、静かに暖かく尊いことだなと感じながら見守ることも、小さなボランティアなのかもしれませんね♪


物言わぬ優しさ


これも、大切にしていきたいものです。


Ana & ジオゴ には、フットサルリーグ戦他の試合会場などで再会できそうな気がします☆

とゆーか、先日、わたしが観戦に行った 「小田原アリーナ オーシャンカップ」 会場に、短い時間ですれ違いになってしまったのですが、 ジオゴがいらしていたそうなんですね(^_^;)

ジオゴ率いる CLOUD 高崎 の関東リーグも開幕となりますし。


いよいよ


サッカーワールドカップ ブラジル大会


も間近!!!


被災されたみなさんも、被災を免れたわたしたちも、共通でワクワクドキドキ楽しめるものは、意外とそう多くはないというのが現実課題でもあります。

みなさん「うちは家が残ったんだから、仮設住宅の方々には遠慮しなくちゃ・・・」などがあるんですね。

ここは、おもいきって。


たくさん、ワールドカップサッカーを楽しみましょう!!!


家が残ったからとか、仕事が残ったからとか、いつまで仮設に入っていないといけないんだろう・息子や娘に心配をかけて申し訳ない


そんな時ばかりではなく


全国のみんな一緒に


楽しめる絶好の機会☆

リラックスして、たくさん楽しみましょうね!!!

2014年GW活動報告 ~まりこ・ありさ&けん~



<< 5月5日活動報告 まりこ >>

こんばんは、ブログを書くのが遅くなってすみません看護師のまりこです。


5月5日に福島にある仮設住宅で主に足湯の前の血圧測定をさせていただきました。

足湯に来た方に普段の血圧の値を伺うとみんなスラスラと答えてくれました。

そんな中で、簡易血圧計で測定したら、いつもの値よりも高く出たことで不安になってしまった方がいました。

血圧計の道具を変えて、深呼吸をしていただいて再検したところ、いつもと同じような値が出てほっとされていました。


足湯を今回主に担当したのは男性メンバーたちで、足湯をしにきた方はほとんどが女性だったのですが。


「こんな若い男性に足を洗ってもらうなんて今までなかったよ♪」


とやや恥ずかしそうな嬉しそうななんとも言えない表情で足湯を受けられていたのも印象的でした。


また、集会所には沢山の川柳が掲げられていましたが、みんな率直な思いを書かれていたのも印象的でした。

津波で全部流されたことなども赤裸々に綴ってありました。

かなり本音を書いているなあという印象でした。

その中でも特に印象的だったのが


ボランティアはみんな最後に「頑張って」と言って帰っていく


といったような内容の川柳でした。


「頑張って下さい」って安易に使ってはいけない言葉だとつくづく思いました。


あわせて印象に残ったのが、最後に来て足湯をやられた方が言っていたことで


「集会所で何かやっているようだったけど途中から行ったら邪魔かなと思って行かなかった」


という言葉でした。


周りに遠慮しながら暮らすってほんとうに大変なことですよね・・・


途中から行っては邪魔になると遠慮してしまったのかと思うと、入口に立って声掛けすれば来てくれたかもしれないと思いました。

その場その場で機転を利かすことがとても大事だなと改めて思ったボランティアでした。


☆ 名ばかり代表ありさからの補足 ☆

今回、新地町の中の違う集落から、この仮設(みんな、同じ集落から入られています)に入ったおばあちゃまにお会いしました。

テラスに腰掛けていたので話を聞いてみたら。


娘さんが名取市に住んでいたから、震災4日後から娘さんのところに避難していたとのこと。

しかし、しばらくしたら、娘さんが病気になって倒れてしまい…震災後数ヶ月でドッと出る疲れだったようで、今は娘さんはお元気になられました…。

娘さんが「うちにおいで」とおっしゃってくれたから名取市に移ったのだけれども。

やはり娘さんが倒れてしまうほど疲れてしまったのはわたしを引き取った負担もあったのではないか?と思うし。

名取市に友達は誰一人いないし…病院に行っても知らない方々ばかり…。

新地町の言葉と名取市の言葉が違って、意味がよくわからなかったり、自分が上手く話せず、気軽にお喋りが出来ないような気がして、日々、辛くなってしまった。

これなら、一人暮らし・仮設暮らしになったとしても、新地町に帰って暮らす方がいい!と決め、役場に相談して。

あの仮設に入ったとのこと。

数人、元々のお友達がいるとは言え、すっごく遠慮がちにしていたので、念のため、集会所に行きにくい雰囲気とかありますかー?と聞いてみたら、そうではないのだけれども、遠慮が…という感じだったので。

お友達も中にいらっしゃるかもしれないから、のぞいてみない?とお誘いしてみました。

すると、仮設住宅の婦人部長さんが、おばあちゃまに、すごく良くしてくれていたので安心して。

わたし、そのまま、裏方に回っちゃったのでした(>_<)

まりこちゃんに、うまく引き継げなくて、ごめんなさい!

自治会長さんのお名前も、今、初めて聞いたとおっしゃっていたとのことだったので…おばあちゃまに認知症がなければ…。

仲良しさんとの交流以外は、かなり遠慮してるのかもしれませんね。

結構長期間名取市にいて、新地町から離れてしまった罪悪感みたいなものもあるのかな?という胸の内も垣間見えました。


<< 5月5日活動報告 けん >>

朝、腹痛でどうなるかと思いましたが 皆さんのおかげで無事に活動も出来、楽しいひとときありがとうございました。


最近ある精神医学者の詩の一節 


「なぜ私達ではなくあなたが」


という言葉が浮かんでいたのです。 

この詩はもともと「ハンセン病」に罹っている人たちに対する作者の深い自省が詩になっているものです。


足湯で足を温め終わったお母さんが、足を拭いている私に


「私 偉い人になったみたい」


と笑いながら言っていました。

私は


「だって本当偉いですよ」


と言いましたが、震災後3年 頑張ってこられた人たちへの思い・・・

この一言でどの程度伝わったかわからないけれど、本当によく頑張って生きてこられたなぁと思うひとときでした。

この会話ができただけでも そして夕飯会の時も言いましたが 


最後 仮設のみなさんとの 自然に生まれた ハイタッチ握手


で、私は十分です。

ありがとうございました!




GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。